菱屋善兵衛とは  ~菱屋善兵衛の歴史~

「菱屋善兵衛」を屋号とする木野織物は、創業200年を超える老舗です。
初代は尾張国から入洛した久我中納言の供頭を務めた木野善八(1806年没)とされます。
二代目となる善兵衛は、その当時(江戸後期)「丸屋」とともに西陣の機業を二分していた「菱屋」に入って織物業を習得、独立して菱屋善兵衛を名乗り、1804年に現在の本社の地に創業しました。

その後は、二代目の次男、三代目の次男と継承されましたが、それは主家の「菱屋」に跡取りがなかったために、木野家の長男が主家を継いだからです。
しかしいつしか主家は断絶。今は木野家がその墓所を守っています。

「菱屋善兵衛」は創業当時から、帯地のほかに相撲の化粧廻しも製織していましたが、明治19年に家業を継いだ四代目からは帯地のみに専心、ジャカード機を導入して設備を整え、繻珍(しゅちん)の丸帯を多く製織していました。
積極性に富んだ五代目は各種の帯を手掛けましたが、一時は絽の丸帯のみを作り、「絽ならば木野」とまでいわれたそうです。

やがて時代は大正に移り、9年に襲った経済恐慌は菱屋善兵衛にも大きな痛手を与えました。 昭和23年に後を継いだ、現社長の祖父である六代目は、「自己の力に応じた背伸びをしない経営」を念頭に堅実経営に徹し、常に「良い商品を安く提供する」ことをモットーとしました。

そしてその姿勢が、現代も揺るぎなく受け継がれています。
現在、創業当時から存在する蔵に所蔵されていた古代裂地を復刻した袋帯を中心に、図案、配色や織物組織から素材まで全てにおいて吟味を重ね、留袖、訪問着、色無地用から紬用まで、現代のお客様のニーズに合わせた締め心地の良い帯作りを手がけております。

菱屋善兵衛とは  ~菱屋善兵衛の歴史~

略歴

文化元年
創業
昭和29年
設立
昭和44年
京都府知事認定「京の老舗」表彰
平成6年
西陣織大会 京都府知事賞受賞
平成10年
西陣きものフェスティバル 通商産業大臣賞受賞
平成21年
西陣織大会 京都市長賞受賞
平成23年
西陣織大会 京都市長賞受賞

コンセプト

「菱屋善兵衛」は京都・西陣の地で文化元年(1804年)に創業。以来200年余、絶えることなく時を重ね、当代で八代目を数える織屋として今日を迎えております。
その歴史は「守・破・離」という言葉のごとく、名に甘んじることなく、時代が求めるものえお創り出す強い意志の道程でもありました。
高い美意識と確かな技術をもって、堅実なモノ作りに徹すること。糸屋、染屋、図案家、紋屋、箔屋、そして織屋。匠たちの、伝統に培われた技の集大成こそ「菱屋善兵衛」の帯。
その成り立ちを誇りに、受け継いだ歴史の重みを守り、次世代に伝えてまいります。
「菱屋善兵衛」に受け継がれる新しいモノ作りへの挑戦の軌跡。蔵に数多く残る京都画壇の高名な画家たちの図案集や、明治、大正期の貴重な裂地の数々。研ぎすまされた技術や時をこえて今なお私達を魅了する巧みな意匠を、新たな形として作り出しています。

ものを作る喜び、その帯を人が目を輝かせて結ぶ喜び、着姿を見る喜び。それらをまた新しいものを作る意欲に結びつけていきたい、そういう思いを全ての社員が携え、これからも後世に誇れるモノ作りをしていきたいと考えております。

コンセプト

菱屋善兵衛復刻帯地「蔵」

明治、大正期に菱屋善兵衛が織りました所蔵の裂地や図案を現代に甦らせました。
図柄、配色、素材の全てを吟味した菱屋善兵衛の復刻帯地です。

詳細はパンフレットをご覧下さい

  • 菱屋善兵衛復刻帯地「蔵」
  • 菱屋善兵衛復刻帯地「蔵」
  • 菱屋善兵衛復刻帯地「蔵」
  • 菱屋善兵衛復刻帯地「蔵」
  • 菱屋善兵衛復刻帯地「蔵」
  • 菱屋善兵衛復刻帯地「蔵」
  • 菱屋善兵衛復刻帯地「蔵」

菱屋善兵衛復刻帯地「蔵」

菱屋善兵衛「緒風」

日本の風土、現代の気候に合わせた、四季を通して結んで頂ける袋帯です。

うす絹で通気性に優れ、コシやハリもある、軽くて柔らかい帯になっております。

詳細はパンフレットをご覧下さい

菱屋善兵衛「緒風」

菱屋善兵衛袋帯「凛」 ~アール・ヌーヴォーの香り~

19世紀末にフランスを中心にヨーロッパで流行したアールヌーヴォー。
植物をモチーフとした模様や流れるような曲線、曲面を特徴とし、もとは日本美術の影響をうけたものです。
その源流を伝える豊かな装飾性、個性的な造形美を斬新な文様に表現しました。

詳細はパンフレットをご覧下さい

  • 菱屋善兵衛復刻帯地「凛」
  • 菱屋善兵衛復刻帯地「凛」
  • 菱屋善兵衛復刻帯地「凛」
  • 菱屋善兵衛復刻帯地「凛」

菱屋善兵衛復刻帯地「凛」

菱屋善兵衛復刻帯地「時代錦」

古き良き時代のよすがを伝える「時代錦」。
菱屋善兵衛には、京都画壇の名だたる面々によって構成された明治中期よりの貴重な図案集を大切に所蔵しております。
「時代錦」は自然風物をモチーフとした懐かしく、そして、新しい創作帯です。

詳細はパンフレットをご覧下さい

  • 菱屋善兵衛復刻帯地「時代錦」
  • 菱屋善兵衛復刻帯地「時代錦」
  • 菱屋善兵衛復刻帯地「時代錦」
  • 菱屋善兵衛復刻帯地「時代錦」
  • 菱屋善兵衛復刻帯地「時代錦」
  • 菱屋善兵衛復刻帯地「時代錦」

菱屋善兵衛復刻帯地「時代錦」

菱屋善兵衛復刻帯地「咲々(わらわら)」

「咲々(わらわら)」とは、数え切れないほど多くの喜びや幸福を吉祥文様として織り咲かせたもの。
その昔「笑う」は「咲ふ」と表されていました。

詳細はパンフレットをご覧下さい

菱屋善兵衛復刻帯地「咲々(わらわら)」

平成21年度 西陣織大会
京都市長賞

「水月」

京都市長賞 受賞「凛」

平成23年度 西陣織大会
京都市長賞

「凛」

京都市長賞 受賞「水月」

平成25年度 西陣織大会
一般財団法人
伝統的工芸品産業振興協会賞

「レリーフ」

京都市長賞 受賞「水月」

会社概要

会社名
木野織物株式会社
代表者名
木野善之
創業
文化元年(1804年)
設立
昭和29年1月1日
資本金
2000万円
従業員数
10名
本社所在地
京都市上京区衣棚通寺ノ内上る上木下町76番地
電話番号
075-414-0881
FAX番号
075-431-5897